株式会社COZY

桜井孝太郎選手、ユーロF3オープン第7、8戦に急遽、スポット参戦。

2011.07.25

桜井孝太郎選手プレスリリースがマネージャー町田氏より届きましたので掲載を致します。

F1で活躍する小林可夢偉選手に続き、ヨーロッパを戦いの場に選んだ若きサムライ、日本人最年少BMWスカラシップドライバー、桜井孝太郎選手(17歳)が、7月22~24日にイギリス、ブランズハッチ・サーキットで開催されたユーロF3オープン選手権(第7~8戦)に、トップチームのひとつ、チーム・ウェスト・テックからスポット参戦しました。第7戦ではルーキークラス3位表彰台を獲得し、チームにとって嬉しいポイントフィニッシュを果たしました。

ユーロF3オープンシリーズは、ヨーロッパを転戦するF3選手権のひとつで、ヨーロッパ全土で全戦テレビ生中継されることもあって、注目度は高く、参加台数も平均25台を数える激戦区となっています。

レースウィークの水曜日に、同シリーズのトップチーム、ウェスト・テックのジョン・ミラー監督から突然連絡を頂き、同チームでルーキークラス・ランキング3位につけるルカ・オランディ選手が病気欠場になりそうなので、参戦してみないかという打診をいただきました。フランス、ポールリカールで3連勝を挙げて、月曜日にイギリスに戻ったばかりの桜井孝太郎選手でしたが、突然のオファーを断る理由もなく、所属するハイテック・レーシングのライアン・シャープ監督の理解と協力もあって、急遽、ユーロF3オープンクラスへのスポット参戦が決まりました。

同じF3ルーキークラスという呼び名ではありますが、ユーロF3オープンのマシンと、イギリスF3で使用しているマシンとは、エンジンもパワーがあり、サスペンションも、タイヤもすべて違う、まったく別のマシンです。限られた時間の中でマシンの特性を把握し、自分の走りをアジャストするしかありません。条件的には非常に厳しい戦いです。

しかしブランズハッチ・サーキットは桜井孝太郎選手がイギリスF3で2勝を挙げているサーキットです。木曜日にチームと初顔合わせをし、シート合わせを済ませ、新しいエンジニアと入念なコースウォークをすませた段階で、より多くの発見がありました。

やはり2度目のサーキットは、初めての時とは違うと実感し、自信を持って挑んだ桜井孝太郎選手は、周囲の期待と不安をよそに、金曜日のフリー走行の最初のセッションから、いきなりルーキークラスのトップタイム、総合でもトップに0.06秒差の2番手タイムをマークし、一躍パドックの各チームから注目を集める存在になりました。

チーム内にはルーキークラスでシリーズをリードするファビオ・ガンベリーニ選手、2番手につけるサム・デジョーン選手、そしてチャンピオンクラスで4番手につけるビクター・コレッラ選手も所属しており、いきなり登場した17歳のルーキーにチーム内のトップタイムを奪われたことで、ムードが一変。一気にチームに緊張が走りました。

イギリスF3選手権ではルーキークラスのマシンは年式落ちのうえに、馬力制限とウェイトハンディを背負っての戦いですが、ユーロF3オープンでは、エンジンは同じで、年式落ちによるダウンフォースの差がハンディとなるレースです。

タイム差とデータから推測するに、セットアップ次第ではオーバーオールでの優勝も夢ではないと考えた桜井孝太郎選手は、大きな期待とともに予選を迎えました。

予選ではチームメイトのファビオ選手と熾烈なトップ争いを展開した挙げ句、桜井孝太郎選手が逆転トップタイムをマークした直後の2コーナーでコースアウト。赤旗中断となりましたが、再スタートまでに気温と路面コンディションが良くなったせいもあり、一気に多くのマシンがタイムアップを果たし、桜井孝太郎選手は悔しい13番手に沈んでしまいました。オーバーテイクの難しいブランズハッチでは、厳しい予選結果です。

決勝レースでは、スタートをうまく決めてポジションをアップし、粘り強い走りを見せて、ユーロF3オープンのデビュー戦でルーキークラス3位表彰台を獲得しました。

続く第8戦までに、データ分析から5速、6速のギヤレシオの変更をし、ダウンフォースの調整と、リヤのスタビの調整を施して、万全の体制でスターティンググリッドに臨んだはずでした。しかし、抜群のスタートを見せてトップグループで争うものの、わずか3周目に左リヤ・ホィールのナットの緩みが原因で6速全開の高速コーナーでコースアウトし、激しくクラッシュしてレースを終えました。その後、レースは同チームのビクター選手がAクラス優勝、ファビオ選手、サム選手がルーキークラスで1-2フィニッシュという結果で、チームにとっては嬉しい反面、複雑な思いが残るレースとなりました。

幸い桜井孝太郎選手に怪我はなく、ジョン・ミラー監督からもメカニカルトラブルが原因のアクシデントに対して、丁寧なお詫びの言葉をいただきました。

突然の参戦で、準備もままならない中、イギリスF3で磨いた速さを証明できたことで、今回のユーロF3オープン挑戦の意味はあったと思います。チャンスがあれば、また参戦することを約束して、知り合ったばかりのチーム全員と、笑顔と握手で別れました。

●桜井孝太郎選手のコメント

「予選開始直後に雲行きが怪しくなり、雨が降る前にタイムを出そうと考えていたのでハードコンパウンドのタイヤでも序盤からプッシュせざるを得なくなり、普段なら誤魔化せるミスが、今回は大きなミスへとつながってしまいました。総合優勝も可能だったと感じていますが、まだ細かい部分が足らなかったのだと思います。でもこの半年イギリスF3で学んだことは生きていると確信できたし、自分の速さをアピールできた。なによりもマシンの違いや違うチームのくせ、イギリスF3と違いに瞬間的に自分自身をスイッチできたのは大きな自信になりました。次週のイギリスF3選手権、スパ・フランコルシャンではマカオを走るトップチームも加えた30台でのレースなので、もっと高い限界に自分自身を持って行き、チャレンジしていきたいと思っています。」

桜井孝太郎選手プレスリリース

2011.07.19

PRESS RELEASE

2011年7月18日

桜井孝太郎、フランス、ポールリカール戦で3連勝、ハットトリック達成!

シリーズチャンピオン争いも、首位に1ポイント差まで迫る!!

各位

F1で活躍する小林可夢偉選手に続き、ヨーロッパを戦いの場に選んだ若きサムライ、日本人最年少BMWスカラシップドライバー、桜井孝太郎選手(17歳)が、7月15~17日にフランス、ポールリカール・サーキットで開催されたイギリスF3選手権(第16~18戦)に参戦し、ルーキークラスで3連勝を達成。第18戦ではチャンピオンクラスのマシンを9台抜いて、今季ルーキークラスでのベスト・フィニッシュを果たしました。

前戦のニュルブルクリンクに続くヨーロッパ・ラウンドとなったフランス、ポールリカール・サーキットは、トヨタがF1マシン開発用テスト・サーキットとして莫大な投資をしたHTTT(ハイ・テクノロジー・テスト・トラック)と呼ばれる特殊なサーキットです。低速、中速、高速、複合といったすべてのタイプのコーナーを兼ね備え、そのうえで長い直線を持つサーキットです。計測システムや監視カメラにも最新技術が投入され、ラインカット等のペナルティもいつもより厳しくチェックされます。

桜井孝太郎選手にとって、ポールリカール・サーキットは、シーズン前のGP3テストで走った、ヨーロッパでの最初のサーキットです。今シーズンのイギリスF3選手権では、F3マシンに慣れながら、しかも毎回初めてのサーキットでの戦いが続いてきましたが、ようやく経験のあるサーキットでの戦いとなりました。

フリー走行から積極的にセットアップを煮詰め、走行開始直後から、テクニカル・セクションでは、パワー的にも20馬力以上違うチャンピオン・クラスのマシンの間に割って入る区間タイムをマークし、決勝への期待が高まりました。

土曜日の第16戦、日曜日の朝の第17戦と、得意のスタートを決めて、チャンピオンクラスのマシンと激しいバトルを展開しながら連続完走。クラス優勝とファステストラップを確実にマークし、40分に渡る最終レース、第18戦を迎えました。

第18戦は、スタート直後の2コーナーで4台が絡む接触事故のため、セーフティーカーが導入されましたが、桜井孝太郎選手は予選20番手のポジションから、今回もスタートで前方のマシンをパスし、アクシデントの混乱に乗じて、うまく11番手までポジションをアップ。再スタートが切られた直後から、チャンピオンクラスのマシンとひとつの集団になって、接触寸前の激しいバトルを展開しました。

しかし、チャンピオンクラスのマシンを相手に何周にも渡って粘ったものの、やはりパワーに劣り、ダウンフォースに劣るマシンでの戦いは厳しく、一時は16番手までポジションダウン。そこから再び粘り強い走りを見せて、次第にポジションをあげ、ラスト10分間では前をいくチャンピオンクラスのマシンを凌ぐタイムを連続でマーク。素晴らしい追い上げを見せ、クラス優勝、総合11位でチェッカーを受けました。

所属するハイテック・レーシングのライアン・シャープ監督も「孝太郎の今日の仕事はエクセレント。エンジンパワー差が出る高速コースなのに、最後はチームのシミュレーションの計算より2秒近く速いラップタイムで走っていました。マシンではなく、ドライバーが大きく成長した証拠ですね」と絶賛しました。

今回、ルーキークラスで3連勝、ファステストラップを獲得したことで、ランキング首位のバート・ヘレキマ選手とのポイント差も1点まで迫り、残り12レースでの逆転チャンピオンに向けて、大きな成果のあったレースでした。

●   桜井孝太郎選手のコメント

「第16戦、第17戦の両方のレースで、チャンピオン争いをしているヘレキマ選手よりも前でゴールできたし、第18戦では最初から最後まで荒れに荒れたサバイバル戦をうまく生き残り、なおかつチャンピオンクラスのマシンにも、タイムでも走りでも食いついていくことができたので、凄くエキサイティングなレースでした。ハンディキャップが大きく響くと思っていたコースだったので、この結果はすごくポジティブだと思います。目の前のリザルトよりも来年やその先の未来のために、ドライバーとして大きく成長できた週末でした。これは今後に大いに影響すると思います。世界で戦っている同じ年代のドライバーたちよりも、一歩でも前へ行けるよう頑張ります。応援よろしくお願いします。」

第93回全国高等学校野球選手権群馬大会 常磐高校結果

2011.07.12

2011年7月9日に幕を開けた群馬大会。本日、12日に常磐高校が初戦を迎えました。

上毛新聞敷島球場にて、前橋南高校との対戦でした。

前橋南高校が先攻、常磐高校が後攻でゲームがスタート。常磐は2年生左腕、三ツ木が先発。

スタメンは以下の通りでスタートとなりました。

1 ショート 中村

2 セカンド 大野

3 ライト  黒澤

4 サード 深田

5 センター 伊藤

6 ファースト 市村

7 キャッチャー 高島

8 レフト 野村

9 ピッチャー 三ツ木

 序盤はお互いにチャンスを迎えながらも無得点のまま。均衡がやぶれたのは、4回裏常磐高校の攻撃。

市村のセンターへ押し込むようなバッティングで黒澤がホームイン。続く高島が左中間をやぶるツーベースヒットを放ち2点目を得る。

更に四死球で計5点を挙げる。更に6回裏常磐高校の攻撃、深田、伊藤の長打などで3点を挙げ8-0とする。

7回の表、前橋南高校の攻撃は四球やヒットなどでためたランナーが犠牲フライで帰り、1点を返されるがそのままゲームセット。

7回コールド 8-1で常磐高校の勝利。

点差以上に序盤はどちらに転ぶか分からない試合でした。最終的には我慢が実った試合でした。

予定通り行けば、次戦は18(月曜日)9:00~ VS沼田高校 @上毛新聞敷島球場です。

準備をしっかりとして挑むだけです。前橋南高校の分まで全力で戦ってきたいと思います。

皆さんの応援、宜しくお願い致します。

常磐高校VS前橋南高校 2011.7.12 @敷島球場

桜井孝太郎、ニュルブルクリンクで連続完走、ファステストラップ獲得!

2011.07.06

桜井孝太郎選手プレスリリースがパーソナルマネージャー町田氏より届きましたのでお届け致します。

F1で活躍する小林可夢偉選手に続き、ヨーロッパを戦いの場に選んだ若きサムライ、日本人最年少BMWスカラシップドライバー、桜井孝太郎選手(17歳)が、7月1~3日にドイツ、ニュルブルクリンク・サーキットで開催されたイギリスF3選手権(第13~15戦)に参戦し、第15戦では、レース中のルーキークラスにおけるファステストラップ(最速タイム)を記録しました。

第8戦で、イギリスF3ルーキークラス史上最年少(16歳321日)での初優勝を達成した桜井孝太郎選手は、続く第10戦、11戦でも優勝を飾り、16歳のうちにイギリスF3ルーキークラスで3勝を記録し、6月29日に嬉しい17歳の誕生日を迎えました。イギリスでは17歳から運転免許が取得できることも、イギリス在住の桜井孝太郎選手にとっては大きな喜びのひとつです。

そして17歳最初のレースとなったのは、F1グランプリサーキットとしても有名なドイツ、ニュルブルクリンク・サーキット。ハイスピードでありながら、息つく暇なくコーナーが連続する高速テクニカルコースは、桜井孝太郎選手にとって初めて経験する体力的に厳しいサーキットのひとつでもあります。

ニュルブルクリンクは、ライバルのバート・ヘレキマ選手にとっては3年以上レースや練習でホームグランドとして走り込んできた得意なサーキットです。マシン的にも不利な条件だった為チームからは、まずは全戦完走。そして1度でもファステストラップを獲得し、ライバルに精神的なプレッシャーを与えることが目標として課されました。

しかしここが正念場と感じていた桜井選手は3連勝を狙って臨みました。

フリー走行は大雨。予選、決勝は晴れと、気象条件すら、初めての桜井孝太郎選手にとって不利に働きます。予選では一部のチャンピオンクラスのマシンより速いタイムをマークしたものの、ヘレキマ選手にわずか及ばずクラス2番手。しかし予選での黄旗区間での減速不足を理由に、10台に5グリッド降格のペナルティが課された結果、桜井孝太郎選手の直前からスタートが予定されていたヘレキマ選手のグリッドポジションが大きく繰り上がり、ヘレキマ選手に逃げきられる結果となりました。

第14戦では、ハードなバトルの応酬のうえ、最終ラップの最終コーナー手前の最後のシケインで、桜井孝太郎選手が、前をいくヘレキマ選手のインに飛び込み、2台が接触。高く飛び上がった桜井孝太郎選手のマシンは、着地後スピンしてしまい、再スタートしりものの、リヤウィングを失ったヘレキマ選手が先にチェッカーを受けました。

レース後、この桜井選手の接触行為に対して審査委員会での審議が続けられ、正式結果が出ないまま、続く第15戦のスタートを迎えました。

そして第15戦のレース中盤、再びヘレキマ選手を追い詰める桜井孝太郎選手に、突如、『ピットスルー・ペナルティ』の判断が下ったのです。理由は第4コーナーでのホワイトラインカット。これにはピットも騒然とし、桜井孝太郎選手も無線で怒りをあらわにし、ペナルティを無視しようとしましたが、ライアン・シャープ監督が「抗議はあとでする。まずは競技長に従って、ピットに入れ」と無線で指示。無言でピットに戻った桜井孝太郎選手は、ピットを通過してレースに復帰するや否や、「ファステストを狙う」と無線で突然叫び、猛然とたったひとりのアタックを開始しました。エンジニアも毎ラップ無線で区間タイムを読み上げ、チーム一丸となって最後の最後まで、果敢に攻め続けました。

チェッカーフラッグを受けて走り抜ける桜井孝太郎選手のマシンを横目で見ながら、エンジニアの表情がほころびました。「孝太郎、たぶんファステストラップを出したよ」と小さくガッツポーズ。チーム全員の悔しさを走りで表現してくれたレースでした。

レース後、競技長から再び呼び出され、「君は17歳と若く、まだまだ経験が必要だが、F3での充分な速さはある。あの事故(ヘレキマ選手との最終ラップの接触)はクレージーだが、反省もしていることだし、最終ラップの最終シケインで抜こうとするのは、レーサーだからだ。危険行為のペナルティで、若く未来あふれるドライバーの、F1へのキャリアを汚したくはない。よって第14戦の事故に関しては、問題なしとする。しかし、逆に15戦でのラインカットは他のドライバーより回数が多かったとし、厳重にペナルティを課した」と、温かい表情で肩を叩かれながら、伝えられました。

●   桜井孝太郎選手のコメント

「今回も初めてのサーキットでぶっつけ本番だったので、出だしは苦しかったけれど、ウィークを通じてひとまわりも、ふたまわりも大きく成長出来たすごくポジティブなレースでした。優勝できなかったのは残念ですが、どのレースもチャンピオンクラスのマシンを追い回せたし、バトルもできた。ルーキークラスの優勝争いでも最後に接触覚悟で突っ込むまでの攻めの走り、姿勢を見せられたのは、今後に大きく影響すると思っています。第15戦もチャンピオンクラスのマシンを挟んで、ルーキークラスの優勝争いをしていただけに、ドライブスルーのペナルティーは痛かったです。でもその後も気持ちを切り換え、最後の最後にファステストラップを狙って取れたのは大きな自信になりました。ドライバーとして大きく成長出来たと思うし、すごくモチベーショナルなウィークでした。全てのレースが接近戦だっただけにいつも以上に悔しさはありますが、これは次のポールリカールでの飛躍につながると信じています。次戦はチャンピオンクラスにも勝って見せます。」