株式会社COZY

板橋シニア 秋季大会

2011.09.27

9月23日
リトルシニア 秋季東東京大会
VS東京日暮里シニア

この試合に勝てば関東大会への出場が決まる大切な試合。
結果は惜しくも2-5で敗戦。
日  0210020 5
板  0000011 2

もう一歩のところでした。ひと冬超えて底力を付けて春に選手達の目標が叶う姿を見たいと思います。
頑張ろう!!まだまだこれから。

桜井孝太郎、17歳、史上最年少英国F3ルーキーチャンピオン決定!

2011.09.27

PRESS RELEASE

2011年9月26日

桜井孝太郎、17歳、史上最年少英国F3ルーキーチャンピオン決定!

各位

F1で活躍する小林可夢偉選手に続き、ヨーロッパを戦いの場に選んだ若きサムライ、日本人最年少BMWスカラシップドライバー、桜井孝太郎選手(17歳)が、9月22~25日にイギリス、ドニントン・サーキットで開催されたイギリスF3選手権(第25~27戦)に参戦し、第25戦でクラス優勝、今シーズン12勝目を獲得し、英国F3選手権の60年間に渡る歴史において、17歳87日という若さで史上最年少ルーキーチャンピオンに輝きました。

今回の戦いの場となったドニントンパーク・サーキットは、1993年にF1ヨーロッパGPが開催され、雨の中、故アイルトン・セナ選手が1周目に驚異的な速さでライバルたちをごぼう抜きし、芸術的な勝利を飾ったことが、ファンの印象に強く残っているサーキットです。イギリス特有の滑りやすい舗装がなされ、雨になると、世界で最も滑るサーキットのひとつだと言われるほど難しいサーキットです。

F3での事前練習走行が禁じられていたため、桜井孝太郎選手はレースウィークの月曜日に、一般車に交じって2座席レーシングカーでコースを習熟。チャンピオン獲得に万全の体制を期して、ドニントンパークでのレースに臨みました。

木曜日に実施されたフリー走行でほぼセットアップを煮詰めた桜井孝太郎選手は、土曜日の予選開始早々から総合2番手のタイムをマークする快走を見せ、その存在をアピール。とくに低速コーナーの続くセクション3では、チャンピオンクラスのケビン・マグヌッセン選手より速い区間タイムをマーク。パワー的なハンディや、ダンウフォース不足のハンディをものともしない勢いを見せました。

しかし、コンディションが良くなってきた予選終盤、タイムアップを狙ってのアタック中、6速全開でコースオフし、激しくクラッシュ。ステアリングに装着してあるダッシュボードが外れて右太ももを直撃し、そのまま医務室に運ばれるアクシデントに見舞われました。チームの必死の作業によって、決勝までになんとかマシンの修復は間に合い、桜井孝太郎選手はドクターの許可を得て、痛みをこらえてのレース参戦となりました。 

前戦までに桜井孝太郎選手が獲得したポイントは300点。2位のバート・ヘレキマ選手(214点)、3位のルカ・オルランディ選手(45点)を大きく引き離しており、このレースの結果次第では、ラスト5戦を残してタイトルが確定します。チャンピオンへのプレッシャーをバネにして、決勝レースへと臨んだ桜井孝太郎選手は、チームの期待どおりの走りを見せてクラス優勝&ファステストラップを獲得、今季12勝目をあげました。

その結果、2011年度ブリティッシュF3選手権ルーキークラスのタイトルを掌中に収め、英国F3選手権60年間の歴史の中で、史上最年少、17歳87日でのタイトル獲得を達成しました。イギリスF3史上最年少での初優勝を記録したのが16歳と321日。王座を決めた獲得ポイントが、偶然ではありますが、321ポイントでした。

日曜日に開催された第26戦では、滑りやすいウェット路面のなか、年間総合王座を獲得しているフェリペ・ナッサー選手、総合ランキング3位のケビン・マグヌッセン選手を相手に堂々のバトルを展開。パワーに勝るチャンピオンクラスのマシンと互角に戦い、大きな注目を集めました。しかし、チームメイトを抜き去ろうとした際に接触してしまい、左フロントアームが歪曲、チームは安全性を重視し、無線で桜井孝太郎選手をピットに呼び込み、リタイアを決めました。

続く第27戦は、スタート直前に雨が降り出す微妙なコンディション。スリックタイヤを装着してコースインした桜井孝太郎選手は、レインタイヤに交換するためにピットスタートを選び、交換していち早くピットロード出口に待機。その直後に半数近くのマシンがフォーメーションからそのままピットに戻ってタイヤ交換をするという波乱の幕開けとなりました。 作戦は上々で、多くのチャンピオンクラスのマシンを従えて強気のレースを展開していた桜井孝太郎選手でしたが、直線でアクアプレーニングが発生してスピン。その場でレースを終えることとなりました。不運なレースではありましたが、チームからは桜井孝太郎選手の雨中の激走を、インプレッシブだったと評価して頂きました。

●   桜井孝太郎選手のコメント

「無事チャンピオンを獲れたことは嬉しいし、支えてくれたチームに心から感謝したいです。レースは本当に長く感じました。そのせいかチェッカーをくぐった途端、人生で一番大きなため息をついた気がします。もちろんホッとした、良いため息です(笑)。ウィニングランはQueenの『We are the Champion』を熱唱して帰ってきました(笑)。

晴れではチャンピオンクラスのマシンにダウンフォースの差で逃げられてしまいましたが、雨での戦闘力の高さは自分でもすごく印象に残っています。ただ戦闘力があったマシンセットだったのにも関わらず、それを最後まで使い切ってやれなかったことが非常に残念です。しかし今シーズンの締めくくりはシルバーストンです。この悔しさを最大限自分のバネにするつもりです。シルバーストンは今年の初めにGP3テストで走っているので、そこからどれだけ自分が成長したかを周りに見せる大きなチャンスだと思っています。笑顔でチームと共にシーズンをフィニッシュしたいと思います。チャンピオンとして、最終戦はシーズンのベストレースにして見せます。応援よろしくお願いします」

●桜井孝太郎選手公式ブログ http://ameblo.jp/f1-kotaro/

群馬県高校野球 秋季大会<常磐高校 結果>

2011.09.06

2011年9月5日 群馬県高校野球 秋季大会 常磐高校の初戦となりました。

相手は中央中等高校。

序盤リードを許すも、9-4で勝利を収めました。

次戦は10日(土曜日)@敷島球場

相手は前橋高校 12:00プレーボール予定。

応援、宜しくお願い致します。

桜井孝太郎、雨のロッキンガム・サーキットで3戦2勝!

2011.09.06

桜井孝太郎選手 プレスリリースがマネージャー町田氏より届きましたのでお届け致します。

 

PRESS RELEASE

2011年9月5日

桜井孝太郎、雨のロッキンガム・サーキットで3戦2勝!

英国F3、史上最年少ルーキーチャンピオンに、王手をかける!!

各位

F1で活躍する小林可夢偉選手に続き、ヨーロッパを戦いの場に選んだ若きサムライ、日本人最年少BMWスカラシップドライバー、桜井孝太郎選手(17歳)が、9月2~4日にイギリス、ロッキンガム・サーキットで開催されたイギリスF3選手権(第22~24戦)に参戦し、3戦2勝を挙げ、今シーズン11勝目を達成。ついに英国F3史上最年少ルーキーチャンピオンに、王手をかけました。

再びイギリス本土へと舞台を移したロッキンガム・サーキットでの戦いは、波乱の幕開けとなりました。イギリスのサーキットの中で唯一、オーバル・コースとロードコースの組み合わせで構成される高速サーキットのロッキンガム、第22戦の予選でポールポジションを獲得したのは、ハイテック・レーシングのチームメイト、ピエトロ・ファンテン選手。 ルーキークラスポールポジションの桜井孝太郎選手は、スタート直後の第1コーナーで発生したマルチクラッシュに巻き込まれ、残念ながらリタイアとなってしまいました。しかしレースはチームメイトのピエトロ選手が見事なポール・ツー・フィニッシュを決め、ハイテック・レーシングの士気を高めてくれました。

日曜日に開催された第22戦は激しい雨の中での開催となりました。ルーキークラスのポールポジションは、前日の第22戦で優勝したイタリアのルカ・オルランディ選手。桜井孝太郎選手は、最後尾からのスタートでしたが、1周目にうまく混乱をかわしてポジションをアップし、見事、ヘヤピンコーナーでルカ選手の前に出ることに成功しました。そして20分のレースを巧みに抑えきり、今季10勝目のチェッカーを受けました。

第24戦は、ウェット路面ながら天候はドライと、微妙なコンディションでのレースとなりました。しかし全車ウェットタイヤを装着し、スタートを迎えます。見事なスタートを見せてトップを奪ったのはケビン・マグヌッセン選手。ウェット路面を得意とする桜井孝太郎選手は慎重に1周目を終えると、次第にポジションをアップ。チャンピオンクラスのマシンと激しいバトルを展開します。ライバルのヘレキマ選手を抜き去り、トップ集団とほぼ同等のラップタイムで走行を重ねてチェッカー。見事今シーズン11勝目を挙げ、同時にF3史上最年少ルーキークラスチャンピオンに王手をかけました。

今回のロッキンガム戦で、桜井孝太郎選手は獲得ポイントを300点まで伸ばし、2位以下を大きく引き離しました。この結果、次戦ドニントンパークでのレース結果次第では、最終戦を待たずして、栄えあるイギリスF3選手権60年の歴史の中で、ルーキークラス史上最年少、17歳でのチャンピオンに輝くこととなります。

●   桜井孝太郎選手のコメント

「ここで2勝できて、本当に嬉しいです。序盤は水しぶきで視界が真っ白! でも中盤から終盤にかけては水が一気にはけてきて、逆にズルズルに滑る難しいコンディションでした。6速アクセル全開のオーバルでは、マシンが驚くほどに暴れるズルズルのコンディションでしたが、なにより雨になったらチャンピオンクラスとほぼ同タイムでラップ出来たことが、本当に自分にとって自信になりました。レース1のアクシデントは残念でしたが、でもすぐに気持ちを切り換えることができたからこそ、日曜日の難しいレースで良いレースができたのだと思います。数日のオフを日本で過ごし、日本からイギリスに戻ってからの2週間、本当にずっとチームと行動を共にしてきたし、ほぼ毎日サーキットを走って特訓してきたので、今日はその成果を出せたことが嬉しいです。次戦でチャンピオンを決めます!」

●桜井孝太郎選手公式ブログ http://ameblo.jp/f1-kotaro/