株式会社COZY

高橋賢選手 ATP GOLF TOUR 第32戦 那須国際CC RESULT

2012.09.27

2012年9月27日

9月25日に那須国際CCにて行われましたATP GOLF TOUR第32戦。高橋賢選手は72で9位でした。

結果は下記にリンクを貼らせてもらいます。

RESULTS

高橋宝将選手 第38回毎日杯アマチュアゴルフ選手権in茨城 決勝大会にて優勝

2012.09.25

2012年9月25日

9月21日に茨城県つくばみらい市の茨城ゴルフ倶楽部にて行われた、第38回毎日杯アマチュアゴルフ選手権in茨城 決勝大会にて高橋宝将選手が見事優勝を飾りました。

70=36,34

ヤフーニュースより

©COZY

©COZY

桜井孝太郎選手、「AUTO GP ワールドシリーズ」最終戦、 スタートと同時に、まさかのエンジンブローで無念のリタイア。

2012.09.25

各位

F1を目指す新進気鋭の若手レーサー、桜井孝太郎選手が、アメリカ合衆国・ソノマサーキットで開催された「AUTO GPワールドシリーズ」最終戦に日本人として初参戦。

第1レースの結果により、第2レースをフロントロウ、2番手グリッドからのスタートとなったことで、日本人初の表彰台への大きな期待が高まりました。

しかし、悪夢が桜井孝太郎選手を襲います。最前列にマシンを並べ、スタートへ向かうためにフォーメーションラップへと走り出した頃、桜井孝太郎選手のマシン後方から少しづつ白煙が出ているのを後続車両が確認していましたが、そのままグリッドにロックオン。シグナルがグリーンに変わると同時に、桜井孝太郎選手のマシンは、その場で大きな白煙を吹いてエンジンがブローアップ。後続からの追突を避けるために、必死で両手を高くあげてアピールする桜井孝太郎選手のマシンの横を全車がすり抜けましたが、コース上に取り残された桜井選手のマシンを撤去するために、セーフティカーが導入されました。

再開されたレースは、桜井選手のチームメイト、セルゲイ・シロトキン選手が6番手グリッドから果敢な追い上げを見せて、見事に逆転優勝を飾り、今シーズンの有終の美を飾りました。

●桜井孝太郎選手のコメント
「まず初めに、この素晴らしい舞台を用意してくれた全ての関係者に感謝したいですし、最終戦で優勝したチームに心からおめでとうと言いたいです。今回は全てが新しい挑戦でチャレンジングな素晴らしいウィークでした。ぶっつけ本番でも今の自分なら充分にトップ集団で戦える速さは証明できた。それは素直に自信にしたいです。でもその速さがあっただけに最後は素晴らしい結果をチームと共に出したかった。もの凄く悔しいしこのままでは終わりたくない。それはエンジニアを含め全てのチームスタッフが思っている気持ちです。今はリベンジしたい気持ちでいっぱいです。」

桜井孝太郎選手、「AUTO GP ワールドシリーズ」最終戦、 待望のフロントロウ、最前列グリッドからの決勝スタートを確定!

2012.09.24

プレスリリース

各位

F1を目指す新進気鋭の若手レーサー、桜井孝太郎選手が、アメリカ合衆国・ソノマサーキットで開催された「AUTO GPワールドシリーズ」最終戦に日本人として初参戦。予選9番手から第1レースを7位完走、初ポイント獲得を果たし、続く日曜日の第2レースでは、見事フロントロウ、グリッド2番手からのスタートポジションを獲得しました。

金曜日、朝の30分間のフリー走行で初めてAUTO GPのマシンに乗り込んだ桜井孝太郎選手は、アップダウンの激しいタフなソノマ・サーキットのコース習熟とともに、550馬力のマシンを着実にものにするために、まずはゆっくりと周回を重ねました。そして幅広いタイヤのグリップ感や、巨大なウィングが発生するダウンフォースを確かめながら次第にペースアップ。最終的には、元F1ドライバーで前戦ブラジルで2連勝を挙げたアントニオ・ピッツオニア選手に0秒05差まで迫り、見事8番手のタイムをマーク。衝撃的なAUTO GPデビューを飾りました。

午後の2回目のフリー走行では、別のコンパウンドのタイヤを試し、セットアップの違いを実感するとともに、エンジニアとともに予選に向けての方向性を煮詰めました。

そして迎えた土曜日の予選。さすが強豪ひしめくAUTO GPだけに、F1やGP2経験のあるドライバーが前日のタイムを大幅に更新する好タイムを続々とマーク。激しいアタック合戦の中、桜井選手も何度かアタックを決めて上位に顔を出しましたが、最終的に9番手で予選を終えました。

午後の決勝第1レースは、波乱の展開となりました。スタート直後の第1コーナーで3台がクラッシュし、続く第2コーナーでもマルチクラッシュが発生。見事なスタートで6番手までジャンプアップしていた桜井孝太郎選手は目の前のクラッシュを避けるために自ら瞬時にマシンをスピンさせ、アクシデントを回避。そのままレースに復帰したところでセーフティーカーが導入され、11番手で周回を重ねました。

チームはセーフティーカー解除の絶妙のタイミングでタイヤ交換を決行。素晴らしいタイミングで9番手までポジションをあげることに成功しました。

勢いに乗る桜井孝太郎選手は、初めての550馬力のマシンを果敢にコントロールしながら素晴らしいブレーキングで前車をパスしてポジションアップ。デビュー戦となる初のAUTO GP決勝を最後まで走りきり、7位でフィニッシュ。見事デビュー戦でポイント獲得を果たしました。

この結果、日曜日に開催される決勝ファイナルレースは、上位8番手までがリバース・グリッドとなるため、桜井孝太郎選手はグリッド最前列、フロントロウ、アウト側2番手グリッドからの決勝スタートとなることが確定しました。

●ビンチェンゾ・ソスピリ監督のコメント

「初めて550馬力のビッグフォーミュラに乗ったにもかかわらず、ミスもなく、とても落ち着いていたのが好印象でした。私の予想では、デビュー戦で予選10番手、決勝が8位でまとめられれば最高の出来だと思っていたのですが、予選で9番手、決勝で7位はともに想像以上の結果でした。AUTO GPに参戦しているドライバーは本当に経験豊かなドライバーで、タフな連中なので、その中で桜井孝太郎選手が見せたパフォーマンスと、そのポテシンャルは充分な評価に値すると思います」

●桜井孝太郎選手のコメント
「今年は不思議とタフなことが多いですね(笑)今回も初めての乗るAUTO GPと言うパワフルな車を、ソノマという素晴らしく難しいサーキットでデビューするという豪華な盛り合わせで迎えました。それに加えてF1のようにソフトとハードの2種類のタイヤを1レース中に使いこなすピットストップ作戦は、僕にとってはまた人生初めての経験だったのでワクワクドキドキでした。今までのレースとは頭を使うところが少し違うし、タイヤとの対話もまるで違いました。でも今年一年間色々な経験をしてきたし、乗り越えてきました。そこから得た強さが、ここに来て強敵強豪を相手に生きているのだと思います。これも多くの人の支えがあったおかげです。明日は皆さんの分も全身全霊で挑みたいし、全身全霊で楽しみたいです。今の自分に100%集中します。」

桜井孝太郎選手、「AUTO GP ワールドシリーズ」に日本人として初挑戦。名門ユーロノバから最終戦ソノマに参戦決定!

2012.09.21

桜井孝太郎選手のプレスリリースが発表されましたので、お届け致します。

各位

F1を目指し、今季GP3シリーズを戦った桜井孝太郎選手が、さらなるステップアップを果たすことが決まりましたのでお知らせします。

F1へのステップアップカテゴリーとして2010年からスタートした「AUTO GP ワールドシリーズ」の2012年最終戦、アメリカ合衆国、ソノマ・サーキットで開催されるイベントに、名門ユーロノバ・レーシングから参戦することが決定しました。

「AUTO GPワールドシリーズ」は、WTCC世界ツーリングカー選手権と併催されるイベントで、ヨーロッパ大陸、アフリカ大陸、そしてアメリカ大陸の世界3大大陸を転戦する7イベント全14戦からなるシリーズです。F1、GP2に次ぐカテゴリーで、ローラ製シャシーに、約550馬力を発生するザイテック製3400ccV型8気筒自然吸気エンジンを搭載したビッグマシンで戦われます。ソフト、ハードの2種類のタイヤが用意され、レース中にタイヤ交換が義務づけられるなど、ドライバーにとって、F1参戦への実戦トレーニングを意識したカテゴリーとなっています。

同シリーズの初代チャンピオンは、現在ロータスF1チームで活躍するロマイン・グロージャン選手。また今回の最終戦には、元F1ドライバーのアントニオ・ピッツオニア選手を筆頭に、GP2やインディカーで好成績を収めた選手が多数参戦。レベルの高い戦いが期待される中、若手新鋭の桜井孝太郎選手がどのような戦いを見せるか注目を集めることと思います。

今回、桜井孝太郎選手が契約した「ユーロノバ・レーシングチーム」は、往年の名ドライバー、ビンチェンゾ・ソスピリ選手が2002年に設立したチームで、若手ドライバー育成においては例をみない成果をあげているチームです。過去にはロバート・クビサ選手、ビタリー・ペトロフ選手、ジェローム・ダンブロジオ選手、ルカ・フィリッピ選手といったドライバーをF1まで引き上げた実績を持つ名コーチでもあります。

今シーズン戦ってきたGP3は280馬力のマシンであり、今回参戦するAUTO GPワールドシリーズのマシンがその約2倍の550馬力ものパワーを発生するマシンということもあって、桜井孝太郎選手は、事前にソスピリ監督の指示に従い、F1ワールドチャンピオン、フェルナンド・アロンソ選手のフィジオ(体力トレーナー)の体力テストを受け、それに合格したことにより、今回の参戦契約に至りました。

桜井孝太郎選手が参戦する「AUTO GP ワールドシリーズ」最終戦は、今週末、9月21日~23日にアメリカ合衆国、ソノマ・サーキットにて開催されます。日本人初挑戦となるこのレースでの、桜井孝太郎選手の活躍にご期待ください。

●ビンチェンゾ・ソスピリ監督のコメント

「私は、桜井孝太郎選手がフォーミュラBMWに参戦していた頃から、彼のマネージャーに対してラブコールを送っていました。今回、孝太郎選手を我々のチームの一員として迎えることができて、本当に嬉しく思っています。パワフルなAUTO GPのマシンに乗った孝太郎選手の姿を想像するだけで興奮しますし、彼にとって本当に大きなステップになるはずです。しかし、私は桜井孝太郎選手が、我々の期待どおりの成果をあげてくれることを信じていますし、そしてこの挑戦が、お互いにとって、将来にわたる長いコラボレーションのスタートになることを願っています」

●桜井孝太郎選手のコメント
「もう気がつけばF1の目の前のカテゴリーにまで来てしまったんですね?(笑)僕以上に周りの皆さんがビックリされている事だと思います。でもこれは今年、いや、人生最高のチャンスだと思います。今週末からはもう敵がF1ドライバーになるわけですから、そうとう面白い戦いになると思います。だから自分の走りに100パーセント集中して、今の自分を全て出し切って来年のために最高のスタートを切ろうと思います。皆さんも知っての通り、僕は今年GP3の参戦をシーズン途中で切り上げる事にしました。なのでエネルギーは充分に充電ずみです。その全てを今回のレースにぶつけたい。そうすれば必ず得られる物はあると確信しています。人生最高のぶっつけ本番ですけど、この素晴らしい舞台を造ってくれた皆様に心からの感謝をこめてレースに挑みたいと思っています。もう僕だけのレースではありませんからね。」

尚美学園大学 埼玉大学サッカーリーグ 9節 VS埼玉大学

2012.09.18

2012年9月18日

9月16日に行われました、埼玉県大学サッカーリーグ 第9節。
尚美学園大学は埼玉大学と対戦となりました。
前半1-0
後半2-0
合計3-0

リーグ戦が再開して2連勝です!

次節は9月23日 VS駿河台大学 @尚美学園大学 11:30キックオフ

高橋知己選手 2012年全日本カート選手権 東地域FS125第5戦 RESULTS

2012.09.18

2012年9月16日にスポーツランドSUGO(宮城県)にて行われた、全日本カート選手権。
FS 125にエントリーの高橋知己選手はタイムトライアルは11位。予選ヒートは14位と苦戦。しかしながら、決勝では盛り返し9位でチェッカー!!
タイムトライアル、予選ヒート、決勝ヒートと全て結果が掲載されておりますので是非ご覧下さい。

RESULTS

GALLERY

レース映像

©COZY

©COZY

木村偉織選手 2012年ジュニアカート選手権 東地域FP Jr.第5戦 RESULT

2012.09.18

2012年9月16日にスポーツランドSUGO(宮城県)にて行われた、ジュニアカート選手権。
第3戦、4戦と連続表彰台を獲得してきている木村偉織選手はタイムトライアルにて4位。予選ヒートでは5位につけます。そして決勝では序盤はトップ争いをするも徐々に順位を落としてしまい10位でフィニッシュ!!

悔しさの残るレースとなってしまいました。

タイムトライアル、予選ヒート、決勝ヒートと全て結果が掲載されておりますので是非ご覧下さい。

RESULTS

GALLERY

レース映像

©COZY

©COZY

高橋賢選手 ATP GOLF TOUR第29戦 富岡倶楽部 RESULT

2012.09.12

2012年9月12日

2012年9月11日に行われましたATP GOLF TOUR第29戦。高橋賢選手は4アンダーで見事優勝を飾りました。

ATP GOLF TOUR29戦 富岡倶楽部

高橋賢選手 ATP GOLF TOUR 澤田佳左子オープン2012

2012.09.10

2012年9月10日

8月29日に高坂CCで行われたATP GOLF TOUR。

高橋賢選手は70で38位タイという結果でした。

次戦は9月11日のATP TOURです。応援宜しくお願い致します。

RESULT